読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

designetwork

ネットワークを軸としたIT技術メモ

Cisco ASA5505でNetFlowExportの設定

ネットワークトラフィック可視化・分析 ネットワークトラフィック可視化・分析-Cisco

f:id:daichi703n:20160124015241j:plain

ASA5505にNetFlow(v9)の設定をする

自宅のインターネット接続ルータとして使用しているCisco ASA5505でNetFlowの設定をする。

必要ライセンス

ASA5505は標準ライセンスでNetFlow対応しているため、ライセンスは不要

NetFlow Collectorがあれば、簡単にNetFlowによるネットワークトラフィック可視化がを導入できる。

ASA5505 NetFlow Export設定

ASA5505では複数のCollector宛にフローデータを送信できる。

設定は簡単で、以下コマンドを投入するだけ。

IPアドレス、ポート番号はCollectorに合わせて指定する。

NetFlowのデフォルトUDPポート番号は2055。

他にも細かい設定ができるが、とりあえず動かすためにはこれだけで問題ない。

flow-export destination management 192.168.1.26 2055

policy-map global_policy

class class-default

flow-export event-type all destination 192.168.1.26

ASDMとの違い

Cisco ASAでは、標準でASDM(Appliance Security Device Manager)が搭載されている。

JavaGUIで、機器管理、設定、モニタリングなど大部分の作業ができる。

このモニタリング部分が案外直感的で分かりやすい。

NetFlowを使用するメリットは次のような点かと思う。

  • 複数製品を一元的にモニタリングできる
  • 必要な情報を必要な形で使用できる
  • ASA自身の負荷軽減
  • Java不要でWebアクセス可能

FlowRecord(フローレコード)を見てみる

FlowRecordはFlowCollectorで受け取って分析するのが良いが、とりあえずWireSharkでパケットそのものも見ることができる。

f:id:daichi703n:20160124015207p:plain

ちなみに、まだFlowRecordを受け取る設定をしていないため、届いたパケットに対してPort Unreachableを返している。

NetFlow Collectorの設定

引き続き、NetFlow Collector(ネットフローコレクター)としてLinux ntopとWindows PRTGを設定していく。