読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

designetwork

ネットワークを軸としたIT技術メモ

phpIPAMアップグレード方法(v1.1.010->v1.2.1)

ネットワーク管理 ネットワーク管理-IPAM

Version1.1.010で構築し、以来あまり試験利用できていなかったphpIPAMだが、Version1.2、さらにVersion1.2.1が公開されていたためアップグレード ( アップデート ) する。
正直なところ、あまり使い込めておらず何をどこまでできるのか分かっていないため、改めて使用開始と考える。
OSS(オープンソース)のIPアドレス管理システムでは引き続きphpIPAMの評価が高いので活用していきたい。

New Features

v1.2及びv1.2.1では以下の通り機能追加、バグ修正がされているようだ。 REST APIの対応で他システム連携や既存システムへの組み込みが容易になった。DNSを元にした検出、管理も強化されているらしい。

phpIPAM v1.2

  • Multiple simultaneous authentication methods
  • PowerDNS integration
  • REST API
  • Mark subnet as full
  • L2 domains
  • ICMP check enhancements (fping support)
  • Firewall zones and nameservers

phpIPAM v1.2.1(bug fix)

Enhancements:

  • French translation updated to verson 1.2;
  • German translation updated to verson 1.2;

Bugfixes:

  • Fixed upgrade bug that selected invalid auth method for AD/LDAP users;
  • Fixed LDAP problems after 1.2 upgrade;
  • Fixed PowerDNS Slave with multiple masters delimiter error;
  • Fixed owerDNS PTR records not being updated automatically;
  • Fixed csrf cookie bug when editing folder;
  • Fixed csrf cookie bug when truncationg subnet;
  • Fixed invalid code for API crypt method;
  • Fixed strange headings font display in Firefox;
  • Fixed invalid proxy settings in config.dist.php;
  • Fixed search same hostnames in db link form address table;
  • Fixed import subnet bug caused by fw object;
  • Fixed Subnet Import (Preview button > no action);

Security Fixes:

  • Fixed security issues introduced in 1.2;

オフィシャル手順

オフィシャルサイトでは以下の通り手順が公開されている。

phpipam.net

a) Automatic database upgrade

Backup database files

cd <phpipam_install_dir>

/usr/bin/mysqldump -u ipam -pphpipam phpipam > db/bkp/phpipam__migration_backup.db

backup your old installation

cd ..

mv phpipam phpipam.bkp

Extract new phpipam code

tar -xvf phpipam-1.1.010.tar

Enter database connection details in config.php (like you had in old installation) or copy old config.php file. Now open browser and follow upgrade procedure.

他に以下の方法があるようだ。

b) Manual database upgrade

c) Manualy query import

既存phpIPAMインストール環境

私は以下の通りphpIPAMをインストールしている。マニュアルとは異なるため、フォルダなどは適宜読み替えてアップグレードする。

IPアドレス管理システム検討(phpIPAMインストール・使用開始) - designetwork

phpIPAMアップグレード

上記手順に従いphpIPAMをアップグレードする。

v1.2.1をダウンロードする

SourceForgeから最新版をダウンロードする。

wget 'https://sourceforge.net/projects/phpipam/files/latest/download'

downloadというファイル名でダウンロードされるので、ファイル名を変更する。

mv download phpipam-1.2.1.tar

旧設定をバックアップして新バージョンを展開する

phpIPAMインストールフォルダに移動する。

cd /var/www/html/

データベースをバックアップする。

/usr/bin/mysqldump -u phpipam -p phpipam > db/bkp/phpipam__migration_backup.db
Enter password:phpipamadmin

※オフィシャルに構文ミスあり

旧ファイルをバックアップする。

mv /var/www/html/{.htaccess,api,css,db,functions,index.php,install,js,misc,site,upgrade,config.php} /var/www/html/bkp/

cd
mv phpipam phpipam.bkp (私の環境では実質未使用)

ファイルを解凍する。

tar -xvf phpipam-1.2.1.tar

必要なファイルを移動する。

cd phpipam
mv {.htaccess,api,app,config.dist.php,css,db,functions,index.php,install,js,misc,upgrade} /var/www/html/

バックアップしていた設定ファイルをコピーする。

cd /var/www/html/
cp bkp/config.php ./

GUIから引き続きアップグレード

以前と同様にphpIPAMにWebアクセスする。
データベースのバックアップは取ったのでアップグレードする。 f:id:daichi703n:20160405030036p:plain

アップグレードに成功した。 f:id:daichi703n:20160405030157p:plain

ダッシュボードが正常に表示され、フッタからVersion1.2.1にアップデートできていることが分かる。 f:id:daichi703n:20160405030626p:plain v1.1のときにどうだったか覚えていないが、Dashboardがレスポンシブデザインで、ブラウザの幅が狭いときは縦に並んでくれる。

Administration > Show All Settings > TOOLS > Version check からも最新バージョンになっていることが確認できる。 f:id:daichi703n:20160405031029p:plain

まとめ

phpIPAMをv1.1.010からv1.2.1にアップグレード(アップデート)できた。