読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

designetwork

ネットワークを軸としたIT技術メモ

ネットワーク機器コンフィグ管理にオープンソースシステムを使ってみる

ネットワーク管理 ネットワーク管理-構成管理

f:id:daichi703n:20160718161434j:plain

RANCID+ViewVC, rConfigといった、オープンソースのネットワーク機器コンフィグ管理システム導入を検討してみる。

Ciscoなどのルータ・スイッチ・FW・LBなど、ネットワークエンジニアは多くの機器を管理しなければならない。teratermで作業ログを取るのが一般的な方法ではあるが、いざというときにコンフィグファイルが見つからなくて結局もう一回機器にログインすることはよくある。

有償システム

構成管理システムはいくつか存在しているが、有償のものが多い。有名どころは次のあたりだと思う。しかし、管理・運用といった部分はコスト削減を進めるポイントでもあるため、システムにお金をかけたくないのが正直なところだ。

  • LogicVein Net LineDancer
  • ManageEngine DeviceExpert
  • SolarWinds NCM

無償システム・OSS

単なる無償システムではなく、ソースコードを一般公開しているOpen Source Softwareは使用する価値が高い。

正直なところ、2016年7月現在、シェアが大きくメンテナンスが行き届いているOSSのNW機器コンフィグ管理システムはあまりないように見える。サーバ系ではAnsible, Chef, Puppetといったシステムが出ているが、NW機器については、標準化がやっと進み、API公開したてのメーカも多く、まだまだこれからなのだろう。
要員のひとつにCiscoをはじめとした各種NW機器はCLIが充実しており、teratermマクロやPerlTelnetモジュールなどである程度は作業効率化が図れる点もあるだろう。

OSSで効果が大きそう、成長が見込めるのは以下の2システムと考える。

www.shrubbery.net

ViewVC: Repository Browsing

  • rConfig

www.rconfig.com

これから各システムをインストールして使用感を確認していこうと思う。

導入メモ

RANCID + ViewVC

coming soon...

rConfig

coming soon...