読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

designetwork

ネットワークを軸としたIT技術メモ

NetFlow有効化によるCPU負荷上昇率 - Cisco

ネットワークトラフィック可視化・分析 ネットワークトラフィック可視化・分析-Cisco

f:id:daichi703n:20161008000743j:plain

Ciscoの各種ルータ、スイッチでトラフィック情報を収集できるNetFlow。使用時にはCPU負荷の上昇が予想され、性能影響が気になる。Ciscoの各種ルータでNetFlowを有効化した際の負荷、性能影響、CPU使用率の上昇率を紹介する。

CPU使用上昇率

  • Ciscoオフィシャル情報

少し古いが、CiscoオフィシャルNetFlow使用時のCPU使用上昇率がレポートされている。
NETFLOW PERFORMANCE ANALYSIS - Cisco Systems

抜粋情報

上記Ciscoのレポートの概要は以下の通り。ルータの機種は個人的な好みで抜粋。数値はNetFlow v9で2つのExporterを設定した場合のものについて、それぞれの負荷( Flow/s )時のCPU使用率を記載する。Flow数はシステムの通信シーケンスにより異なるため、トラフィックbps等から試算が必要となる。

NetFlowなし/NetFlowあり(CPU使用上昇率)

機種 10,000Flow 45,000Flow 65,000Flow
Cisco 3845 7%/10%(+3%) 11%/20%(+9%) 13%/33%(+20%)
Cisco 7200 NPE-300 11%/18%(+7%) 27%/38%(+11%) 35%/51%(+16%)
Cisco 12000(v5) 7%/12%(+5%) 8%/23%(+15%) 11%/31%(+20%)
平均 5%程度 12%程度 20%程度

なお、サンプリングにすることで、CPU負荷を抑え性能影響を小さくすることができる。下の表の通り、大幅にCPU使用を削減できる。

サンプリングレート CPU使用削減率
1:100 75%
1:1000 82%

最近の機種ではどの程度なのかは要検証。

まとめ

NetFlowを有効にすることにより、ルータのCPU使用率が上昇し性能影響を与える。少し古いCiscoのレポートは記載のとおりなので、導入時には使用する機種で事前検証することを推奨する。