designetwork

ネットワークを軸としたIT技術メモ

Git Bashで日本語が¥xx数字で表示される文字化けの対処方法

f:id:daichi703n:20161210194309p:plain

広く使われているバージョン管理ツールGitをWindowsで使用する場合はGit for Windows (Git Bash)を使用する。

日本語ファイルを扱う際に、\xx (バックスラッシュ・¥マーク 数字)と表示される文字化けの対応を記載する。

Git for Windows (Git Bash)のインストール手順

基本的なインストール手順はこちらを参考にさせていただきました。ありがとうございます。 opcdiary.net

日本語が\xx(¥数字)で表示される時の対処

デフォルトだと、Git Bashでは日本語ファイルは文字化けして見える。ただし、単なる文字化けというわけはなく、日本語が\xx(バックスラッシュ・¥マーク 数字)でそれぞれ表示される。

このような日本語フォルダは、

f:id:daichi703n:20161210193151j:plain

このように表示される。

f:id:daichi703n:20161210193218j:plain

この場合は初期設定としてGit Bashロケールとフォント設定を変更する必要がある。ウインドウ左上のアイコンをクリック or 画面を右クリックしてOptionsを選ぶ。

f:id:daichi703n:20161210193352j:plain

デフォルトだとこのように空欄になっているため、ja_JPを選択する。

f:id:daichi703n:20161210193437j:plain

また、Font > Select からMSゴシックを選択する。

f:id:daichi703n:20161210193631j:plain

最終的にこの状態になる。Character setは適宜UTF-8, SJISを選択する。

f:id:daichi703n:20161210193748j:plain

Git Bashを再起動する

ここで、Git Bashを再起動(閉じて開く)する。

これにより、日本語が文字化けなく表示できるようになる。

f:id:daichi703n:20161210193848j:plain

まとめ - Git Bashで日本語が¥xx数字で表示される文字化けの対処方法

Git Bashは初期状態だと日本語ファイル/フォルダが\xx(バックスラッシュ・¥マーク 数字)で表示される。LocaleとFontを設定しGit Bashを再起動することで正常に日本語が表示可能となる。