読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

designetwork

ネットワークを軸としたIT技術メモ

Cisco AIR1131AGでDot11Radioがresetになる原因のひとつ

ネットワーク設計 自宅ネットワーク

f:id:daichi703n:20170317004520p:plain

自宅ラボの無線AP Cisco Aironet AIR1131AGで、停電から復旧後にDot11Radioインタフェースのステータスがresetになるトラブルが発生した。

停電の原因は単純な家の電源容量超過で、すべてのNW機器で突然の電源断となってしまった。configの保存はしてあったため変更は発生していない。切り分けで分かったこと、原因と対策を記載する。

Aironet AIR1131AGの接続構成

以下の通り、Cisco ASA5505のPoEインタフェース経由でPoE給電で接続している。なお、PC, サーバ接続にはCatalyst2960を使用し、各VLANのGWはASAにしている。

AIR1131AG
 |(access vlan 1)
ASA5505
 |   |(各VLAN access)
Cat2960
 |   |
(V1) (trunk)
 PC   ESXi

エラー調査

AP上部の通常は緑のランプが、明らかに異常な赤となっていた。インタフェース状態は以下の通り。

AIR1131#sh ip int b
Interface                  IP-Address      OK? Method Status                Protocol
BVI1                       192.168.1.11    YES NVRAM  up                    up      
Dot11Radio0                unassigned      YES NVRAM  reset                 down    
Dot11Radio1                unassigned      YES NVRAM  reset                 down    
FastEthernet0              unassigned      YES NVRAM  up                    up     

AIR1131#sh int Dot11Radio0
Dot11Radio0 is reset, line protocol is down 
  Hardware is 802.11G Radio, address is 001e.136e.1250 (bia 001e.136e.1250)

機器再起動、インタフェースshut/no shutをしても状態は変わらなかった。起動ログを見ると以下のようになっている。

AIR1131#sh log
<snip>
*Mar  1 00:58:26.214: %LINK-5-CHANGED: Interface Dot11Radio1, changed state to reset
*Mar  1 00:58:26.214: %LINK-5-CHANGED: Interface Dot11Radio0, changed state to reset
*Mar  1 00:58:26.215: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface FastEthernet0, changed state to up
*Mar  1 00:58:26.906: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface BVI1, changed state to up
*Mar  1 00:58:27.214: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface Dot11Radio1, changed state to down
*Mar  1 00:58:27.214: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface Dot11Radio0, changed state to down
*Mar  1 00:58:39.279: %CDP_PD-2-POWER_LOW: All radios disabled - LOW_POWER_CLASSIC_NO_INJECTOR_CONFIGURED WS-C2960-24-S (0022.bd42.1d01)
*Mar  1 00:58:39.280:  -Verify the required power-injector is installed on this port: WS-C2960-24-S(Fas 0/1).
*Mar  1 00:58:39.280:  -If a power-injector is installed, issue the command:"power inline negotiation injector installed"

%CDP_PD-2-POWER_LOW: All radios disabled - LOW_POWER_CLASSIC_NO_INJECTOR_CONFIGURED WS-C2960-24-S (0022.bd42.1d01)

CDPでCat2960と情報交換し、PoEの状態確認に失敗しているようにみえる。上記構成の通り、PoE給電元はASA5505であり、Cat2960ではない。そのため、エラーになるのは当然だ。なお、CDPネイバーは正常に張れているので、動作そのものは異常ではない。

AIR1131#sh cdp neighbors 

Device ID        Local Intrfce     Holdtme    Capability  Platform  Port ID
CAT2960          Fas 0              154          S I      WS-C2960- Fas 0/1

停電前からCDPネイバーは張っていたが、Cat2960接続前にASAに接続しPoE給電が始まっていたため、起動時の確認がなく継続動作していたものと考えられる。

対策方法

シンプルに、AIR1131でCDPを無効化する。

AIR1131(config)#no cdp run 

(復旧しない場合はDot11 shut/no shut or reload)

*Mar  1 01:11:42.212: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface Dot11Radio1, changed state to down
*Mar  1 01:11:42.213: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface Dot11Radio0, changed state to down
*Mar  1 01:12:42.711: %CDP_PD-4-POWER_OK: Full power - NON_CISCO-NO_CDP_RECEIVED inline power source
*Mar  1 01:12:42.742: %DOT11-6-FREQ_SCAN: Interface Dot11Radio1, Scanning frequencies for 14 seconds
*Mar  1 01:12:42.771: %DOT11-6-FREQ_SCAN: Interface Dot11Radio0, Scanning frequencies for 24 seconds
*Mar  1 01:12:56.524: %DOT11-6-DFS_SCAN_START: DFS: Scanning frequency 5260 MHz for 60 seconds.
*Mar  1 01:12:56.524: %DOT11-6-FREQ_USED: Interface Dot11Radio1, frequency 5260 selected
*Mar  1 01:12:56.524: %LINK-3-UPDOWN: Interface Dot11Radio1, changed state to up
*Mar  1 01:12:57.524: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface Dot11Radio1, changed state to up
*Mar  1 01:13:07.030: %DOT11-6-FREQ_USED: Interface Dot11Radio0, frequency 2467 selected
*Mar  1 01:13:07.030: %LINK-3-UPDOWN: Interface Dot11Radio0, changed state to up
*Mar  1 01:13:08.030: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface Dot11Radio0, changed state to up
*Mar  1 01:13:30.867: %DOT11-6-ASSOC: Interface Dot11Radio0, Station   0c3e.9f69.656f Associated KEY_MGMT[WPAv2 PSK]
*Mar  1 01:13:57.008: %DOT11-6-DFS_SCAN_COMPLETE: DFS scan complete on frequency 5260 MHz

AIR1131#
AIR1131#sh ip int b
Interface                  IP-Address      OK? Method Status                Protocol
BVI1                       192.168.1.11    YES NVRAM  up                    up      
Dot11Radio0                unassigned      YES NVRAM  up                    up      
Dot11Radio1                unassigned      YES NVRAM  up                    up      
FastEthernet0              unassigned      YES NVRAM  up                    up      

正常にDot11(無線)インタフェースが使用可能な状態になった。

まとめ - Cisco AIR1131AGでDot11Radioがresetになる原因

Cisco Aironet AIR1131AGはPoE起動時に、可能な場合はCDPで対向PoE機器との接続状態を確認する。停電復旧後にその確認でFailとなり、PoE異常でDot11インタフェースが起動できなかった。

AIR1131のCDPを無効化することで、通常通りPoE受電しDot11インタフェースが起動、無線通信が可能となった。