designetwork

ネットワークを軸としたIT技術メモ

4台のHDDで2組のRAID1を構成しESXiマウントする(PowerEdge T110ⅡPERC H200A)

f:id:daichi703n:20170505215401p:plain

自宅サーバとして使用しているDell PowerEdge T110ⅡにHDDを追加する。既存DISKは初期搭載のRAIDコントローラPERC H200Aを使用し、RAID1構成となっている。コントローラには最大4台のHDDを接続できるため、残りの2台を追加し同様にRAID1で増設する。

自宅サーバ選定はこちら。

designetwork.hatenablog.com

RAIDコントローラ

元々搭載されているRAIDコントローラはこちら。この中のPERC H200A (PowerEdge RAID Controller)というモデルのようだ。

www.dell.com

基本的な操作マニュアルはこちらに記載されている。

SAS 5/6およびPERC H200シリーズにおけるRAID BIOS操作一覧 - Dell

なお、こちらのRAIDコントローラは最大4台のHDDを接続できるものの、RAID1 * 2組 の構成ができるかの情報は事前には見つけられなかった。4台はRAID10構成用?という懸念もあった。ただ、失って困るデータもないので、実機でそのまま検証した。

RAID設定モードで新規RAID作成

まずはBIOS起動画面でCtrl+CによりRAID設定モードに入る。起動直後なので逃さないよう注意する。

f:id:daichi703n:20170505210447j:plain

その後、RAID PropertiesからCreate Newで新規RAIDを作成し、新規DISKを所属させる。(序盤の画面を撮り忘れていました…)

RAID作成後は、このように新規DISKのDrive StatusがRAIDになる。写真の0, 1が既存HDDで、今回は2, 3のHDDを増設している。

f:id:daichi703n:20170505210959j:plain

一見、既存のRAIDに追加されてRAID10になっている?というようにも感じたが、View Volumeで見ると1 of 2として新規作成分が認識されていることが分かる。追加分が1番目になっているのは若干不思議。

f:id:daichi703n:20170505211252j:plain

Alt+NでRAID情報のページを送れる。

f:id:daichi703n:20170505211255j:plain

なお、状態を確認する上ではSAS Topologyから確認するのが一番分かりやすかった。以下のように表示され、RAID1のペアが2組作成されていることが見て取れる。

f:id:daichi703n:20170505211339j:plain

なお、このときBoot Deviceの選択を誤らないように注意。OS(私の環境はVMware ESXi6.5)がインストールされているRAIDをBoot Deviceとして指定していないと、サーバを起動できなくなる。

VMware ESXi6.5にマウントする

新規RAIDを構成できたので、ESXiに取り込む。ESXi Web Clientでデータストアの追加をする。

f:id:daichi703n:20170505212559p:plain

「新しいVMFSデータストアの作成」を選択して次へ

f:id:daichi703n:20170505212652p:plain

新規作成したRAIDを認識できている。データストア名を入力して次へ

f:id:daichi703n:20170505212737p:plain

私はここで一度つまづいた。「パーティション分割オプションの選択」のステップでロードしています…のまま停止してしまった。

f:id:daichi703n:20170505212920p:plain

数分待っても進まないため、「次へ」をクリックして強制的に進めたらエラー終了…。気を取り直してもう一度最初から設定したら、今度は正常に表示された。

f:id:daichi703n:20170505213027p:plain

全容量を一つのパーティションとして使用する。物理で分けてしまうと扱いづらい部分があるため、パーティション分けは仮想マシン側で実施する。なお、ESXi6.5からは新しいVMFS6を使用できるようになっている。しかし、私はもう一台のESXi5.5からの移行等を考慮して、VMFS5で作成した。

f:id:daichi703n:20170505213310p:plain

完了して新規データストアを使用可能になった。

注意 - PowerEdge T110 Ⅱ PERC H200Aのパフォーマンス

(2017/8月 追記)
標準構成のRAIDコントローラPERC H200はキャッシュ非搭載のためパフォーマンスに難あり。

[PERC] キャッシュのないRAIDコントローラのパフォーマンスに関する懸念点(H330、H310、S130、S110、S300、S100、H200、SAS 6/iR、SAS 5/iR) - Dell Support

なお、仮想化環境で使用する際はHDDのキャッシュも無効化されるため、さらに書き込みが遅い場合は多い。私の環境ではWrite 10MB/secでiowaitが5,000msecなどになることあり。(導入当初は知らなかった…)

communities.vmware.com

まとめ - PowerEdge T110Ⅱ(PERC H200A) 4台のHDDで2組のRAID1を構成しESXiマウントする

PowerEdge T110ⅡのRAIDコントローラ PERC H200A で、4台のHDDで2組のRAID1を構成することができた。また、新規RAIDVMware ESXi6.5のデータストアとして取り込むことができた。